FC2ブログ

姉弟の近親相姦セックス動画サンプル

実の姉と弟が獣のように禁断のセックスに溺れる動画選集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

はじまり

僕と姉は4つ違いです。
僕の名前は裕樹(ひろき)で姉は雅子(まさこ)といいます。
姉は僕のことをいつも「ひろくん」と呼んでいました。

初体験は僕が高校1年の時。
「初体験」といっても、セックスというより、
性的な異常体験つまり姉との近親相姦のスタートです。

姉とは子供の頃は離れて暮らしていたことがあります。
母親が病気で長期入院したことが原因で、自分のことがある程度できる姉は父親とともに生活し、まだ小さかった僕は祖父母のもとに預けられていたのです。
母が回復して家に戻ってからは、姉弟いっしょに生活するようになりましたが、僕は中学生、姉はすでに高校生でした。
しばらく離れて生活していたせいか、僕はどうしても姉の「オンナ」の部分を意識するようになってしまいました。

一緒に食事をしたり、普通に家族の団欒で会話するのに違和感はありません。
でも、干してある洗濯物の中に姉の下着があるのを見ると、胸がぎゅっと痛くなって下半身に「ずん」とした感覚が走りました。
そしてすぐにおちんちんが勃起し始め、顔が熱くなってくるのでした。

お風呂に入るとき、脱衣場所に脱ぎ捨ててあった姉の使用済み下着の臭いを嗅いでからは、毎日でもそれをしないと気がすまなくなり、さらにその下着をこっそりと自分の部屋に持ち帰り、臭いを嗅ぎながらオナニーをするようになりました。
射精した後はすぐに下着をもとの場所に戻しておいたので、そのことがばれることはありませんでした。
いえ、たぶんばれていないと勝手に思っていたというのが事実です。

僕が高校1年になり、姉は大学生となっていました。大学が比較的近くにあったので、姉は家から通学していましたが、
テニスサークルに参加して、帰りが遅くなることも多々ありました。
僕は、姉の下着を使ってオナニーをすることが止められなくなっていて、こっそり姉の部屋に忍び込んで下着を持ち出すことまでするようになっていました。

その日、高校の中間テスト期間で、僕は早めに家に帰っていました。
父母とも出かけていて、家には僕一人でした。
ひとりであることをいいことに僕はいつもように姉の使用済み下着を使い、自分の部屋でオナニーをしていました。
誰も未だ帰らないという安心感から、部屋のドアは開けっ放しで。

右手で姉の白いパンツとブラを交互に顔に押しながら、左手で硬くなったおちんちんをしごきます。
「ああ、お姉ちゃん」「そんなことしたらだめだよ」
僕は、姉とのセックス、いやどちらかというと姉に犯される自分を妄想しながら興奮をたかめていきます。
硬くおおきなった陰茎を左手ではげしく上下させながら、姉のパンツを口の中に押し込んでいきます。
大きな声を出さないようにするためと、姉に口を塞がれて無理やり犯されている自分を想像しながらするのです。
全身の筋肉が張り詰めて、下腹部に熱い熱い感覚が走り、そしておちんちんの先端から液体が噴出します。
「あっがああ!はっふうう!」その瞬間は、下着がつまった口からよだれとともに声を発してしまいます。

cum37.jpg



「ひろくん!」
僕は心臓が破裂したかと思いました。
部屋のドアの外に姉がいました。



ane1.jpg

*画像は本文とは無関係です。



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

  1. 2009/02/27(金) 18:53:50|
  2. 初体験
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。